<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

2012年01月21日のツイート

今から器具庫に機材取りに行くついでに笛を練習してくる!十本調子(key=D)の篠笛です。もちろん安物です。マスターすれば和製Eluveitieがやれるぞ!って、そもそも初心者がち... http://twitpic.com/89sotp



posted at 16:30:30


篠笛、諦めた。無理!!!


posted at 21:45:29


ふじー * Diary * 21:57 * comments(0) * -

よし

気持ちも新たに、今日から毎日更新する。
1日50回更新する。
よし。


ふじー * Diary * 00:58 * comments(0) * -

2009

ファイル0001.jpg
2009もおしまいです。非常にシンプルにまとめを。

いろいろと思った通りにうまくいかないこともあるけど、それでも毎日のように笑って過ごせたのでまあ良かったんだと思います。
お知り合いも今年もたくさん増えました。今までのお知り合いも今年からのお知り合いも今後もどうぞよろしくです。

で、音楽的に今年の大当たりはbilo'uですね。2009.10.11のAnswer For Life vol.35での衝撃は非常に大でした。
そんでそれに伴い、ベストだったアルバムもbilo'uの「muzyou」です。
来年も早いうちにまたライブが見たいです。

とりあえずこんだけ。
ふじー * Diary * 23:59 * comments(0) * -

おー!!

こちらのBlog、下書きばかりがたまっていって一向に更新は出来ず。
まとまってないのに次のネタを下書きとかばっかしてるせいで、下書きのまま途中で放置になってる記事が累計で40件ぐらいあるようです。
でもそういうのは大概がもう既に時期を逃しちゃってる話題なのでわざわざ掘り起こす程でもない。
だからといってblogを下書きのために使うのも変なので、とりあえずmixiのと同じ内容をこちらにも。




今日、ちょいと遅れて礎に注文したKNOW REASON WHYのコンピレーションのCDが届いたんだけど、これでちょいと驚きが。
そりゃもちろん各バンドの音の方はもちろんいいんだけど(特にRAMPANTとGusanosとArbus)、そこではないところで。
ブックレットのGusanosのページのバックの写真、これは2008年5月4日の名古屋のfragments of clarity企画のTAURUSでのライブの時のだ!絶対間違いない!
そんで右端に顔が切れて写ってるのは極めて高い確率で自分だ!ほぼ間違いない!
しかもあの瞬間は多分、あの時最後にやった曲の時のだ!これは自信無いけど多分そうだ!
なんでこんなことわかるかっていうと、この時自分は動画撮ってたから。写真の自分の左手が横に向いてるのはカメラ持ってるから。

それにしても自分が初めてGusanosを見た日の写真が使われてるとはね。
顔までは写ってないけど、あの使われている写真に写っている自分はGusanosに大変衝撃を受けている真っ最中の様子です。
いやあ、なんか嬉しいね。

関西のメタル/ハードコア/ラウド系のシーンに少しでも興味のある方はこのコンピレーションを是非。
http://ishizue-music.shop-pro.jp/?pid=17185483




あと、雑誌(?)の『大人の科学』の付録が今回はミニエレキギターなんだけど、買って組み立ててみました。

こんな感じです。


普通のサイズのと比べるとこんな感じ。めっちゃ小さい。


これ、組み立てるのは簡単だけど無駄にピックアップの銅線を自分で巻かされたります。まあ好きな人にはこういうのもたまらんのでしょう。
完成品は、指板のRは一切無し、スケールが短すぎてピッチが超不安定、オクターブピッチが合わない(多分個体差あり)、既に電源が断線気味(多分自分のせい)、ハイフレットは感覚狭すぎてちゃんと押さえられない…などとなかなかとんでもない出来上がりでした。
前にも小さいギター買ったことあったけど、それと同じでやっぱり極端なショートスケールはまともに使えたもんじゃないです。
でもエレキギターが3675円で買えちゃうので、興味本位で勢いで買っちゃうのもいいんじゃないでしょうか。本体にスピーカーも付いてるのでこれ買うだけでちゃんと音も出ます。
あ、色々簡単にいじれるし改造好きな人にはかなりいいかもしれないね。
あるいは、これめちゃくちゃ軽いので投げて遊ぶのもいいかもしれません。思いっきりぶん投げれば15mぐらい飛ぶかも。
http://otonanokagaku.net/magazine/vol26/index.html


ふじー * Diary * 00:04 * comments(0) * -

メタルの休日

明日と明後日新栄のTight Ropeはメタル祭りとなっております。
11月28日(土)
[TERRORRIGN OVER JAPAN 2009]

IMPIETY(シンガポール)/CLANDESTINED/DEAFLOCK/
RIGHTBRAIN/DEFILED

18:00open 18:30start
ADV¥2000 DOOR¥2500(D別¥500)

このIMPIETYってのはシンガポールのブラックメタルバンドだそうです。名前を聞いたことすらなかったけどね。
http://www.myspace.com/impietyofficial
メンバーに明らかに日本人な名前があったりしてどういうことなのかよくわかりませんが、とにかくシンガポールらしいです。
ブラックメタルでも突っ走るタイプのスタイルらしく、ライブでどれぐらいドラムが頑張ってるのかとか興味は大いにあるのですが、金銭的にちょっと微妙なので行けるかどうか…。

Impiety - Bestial Genocidal Goatvomit (Live in Singapore)



次は明後日29日。
11月29日(日)
[No Wing to speak of "ERA"]

Ares(神戸)/DISINFEST(富山)/distress blood/
Just Have A Little Faith/Mistheif/Ain't Dying to Die/THE-MENDEL
[O.A]ザ・インディアンズ

17:20open 18:00start
ADV¥1500 DOOR¥2000(D別¥500)

こちらは神戸よりメロデスバンドのAresがいらっしゃいます。これは絶対行かねば。
http://www.myspace.com/aresjp
関西のメロデスバンドってくっさいメロディを存分にぶち込んでくれるからいいです。
メタルコア的なアプローチも取り入れた今時なメロデスなんてものではなく、90年代後期のあの頃のあの雰囲気のメロデスやってるってのがまたたまらんね。
なにやらこの日のライブのチケット取り置きをAresに頼むと特典としてアルバムをくれるらしいです。なんて太っ腹。
大阪名古屋福岡でもこの特典付けてライブやってるみたいなんで、今回がっつりプロモーションしておいて、これから精力的に活動して行くってことなんでしょうかね。それは大変喜ばしいことです。

Ares -Sacred vengeance-


ちなみにこの29日のイベント名、どう見てもHOPESFALLのアルバムタイトルから取ってるんだけどこのイベントはどう見ても完全にメタル一色…うーん、なぜに?


ふじー * Diary * 23:37 * comments(0) * -

THE BLACK DAHLIA MURDERの新しいのいいねえ

例によって例のごとくまた久しぶりの更新となりました。
京都行ってくると書いてそのままだったけど、別に清水寺から飛び降りた訳じゃなくて更新するのがめんどくさくなってただけです。生きています。
京都のことはこのBlogの方にもちゃんと残しておきたいんだけど、今更書くのもどうなんだろうって気もします。
もしかしたら書くかもしれません。書かない可能性も無きにしもあらずです。




昨日、ANAAL NATHRAKHのシャツ(前にも後ろにもでっかくバンド名書いてある)着てたらシャツを二度見されました。
しかもなんか言ってくれりゃいいのにその事についてはスルーだったので、何か勘違いされた気がしないでもないです。
別に親しくはないとは言え顔見知りですらそのリアクションだったので、他人からはどう思われるかは推して知るべしですね。
これ、バンド名ですよ。怪しくないですよ。決してそういう変態じゃないですよ。

ANAAL NATHRAKH - In the Constellation of the Black Widow(曲のみ)

メタル界では今年各所で話題騒然となった(多分)、ANAAL NATHRAKHの新譜『In The Constellation Of The Black Widow』よりタイトルトラックです。
初めてこの曲聞いた時、サビでクリーンボーカルが切り込んできた所で背筋がぞくっとしましたわ。
圧倒的なブルータリティと強力な扇情力を持ったメロディアスなパートを一曲の中でここまで高次元で融合させられたバンドがかつてあっただろうか、ってなぐらい凄い。
多少の語弊はあるかもしれないけど、これぞ究極のメロデスじゃないでしょうか。(どちらかというとブラックなんだけどまあ細かいことはいいじゃないか)
完全に真似事でもいいんで、日本人でこういうことやってるバンドないでしょうかね。




さて、今日って11/27だったんですね。
最近日付とか全然意識せずに生活してたので、「誕生日おめでとう」なんてメール貰って初めて気付きました。
てことで、今日は誕生日です。だからと言って何がある訳でもないですが。
当然誕生日を迎えるということはまた歳を一つとった訳ですが、もうほんとに嫌ですね。
年齢と中身が釣り合い取れてるようには全く感じないですしね。
ここ数年、初対面の人とかには実年齢-3〜4歳ぐらいで見られることが多いんですが、これって果たしていいことなのかどうか微妙なとこです。
まあいいや。

そんな誕生日の今日、めちゃくちゃ久しぶりにDISK HEAVEN行ってTHE BLACK DAHLIA MURDERとDISARMONIA MUNDIの新譜買って、帰ってきたらほぼ同時にTHE BLACK DAHLIA MURDERのパーカーとELUVEITIEのTシャツが届いた。
初めて海外の通販ってのを使ってみたのですが、やっぱり結構時間かかるんですなあ。
注文したのは10/29、発送されたのが11/20、届いたのが今日ってことで一ヶ月かかりました。
ただ、注文はもう一つAMON AMARTHのTシャツも頼んでたんだけど、発送の時に「注文してくれたAMON AMARTHのは次の印刷が終わって手配出来るのが2〜4週間後になるんだ。だからもし他のに交換したかったら遠慮なく言ってくれ。(意訳)」みたいなメールが来てたんで、もしかしたらそれが調達出来るかどうかでゴタゴタしてて遅くなった…とかなのかもしれない。
届いたのは、頑丈な材質だけど雑に梱包されたビニールみたいな袋に直接二枚放り込まれてました。
THE BLACK DAHLIA MURDERのパーカーはケバケバしくていい感じです。
でもELUVEITIEのはプリントの色が適当でなんだか残念な感じです。
いつ届くのかわからないAMON AMARTHのは、デザイン的にはメタルメタルしてるので楽しみです。
ちなみに今回、Planet Caravan Musicってサイトで買いました。
時間はかかったけど、一応安心出来るとこでした。
次はNOVEMBREのシャツをどっかで買おう。

パーカーの背中

うーん、ケバい。



ふじー * Diary * 23:32 * comments(2) * -

京都行てくる

あらまあ、まただいぶ間が空いてしもた。
mixiと別々の日記を書いてりゃそりゃめんどくさくもなるわな。
mixiの方では一昨日こんな動画

を貼付けました。そういう日記です。


先週は筋肉痛が5日間も継続するという見事なおっさんっぷりを発揮しました。
歳を取ったら筋肉痛が遅れてピークが来るってのはよく聞く話だけど、延々と長引くってのはあんまり聞かない。単に元の筋肉が足りなすぎただけか。
明日もまた同じことをするので、また来週の水曜ぐらいまで筋肉痛が頑張ってくれるかもしれません。
頑張らなくていいんだよ。休んでいいんだよ。


さて、明後日は京都に行ってくるでござい。もちろんライブ見に。
2009.11.7 (SAT) @京都 出町柳 SOCRATES
Blind Colored Scheme & Arbus Presents
「In This Moment chapter 2」

OPEN 17:00/START 17:30
ADV 1,500yen/DOOR 2,000yen

bilo'u(東京)
GENESIS(東京)
Gusanos
heartless thing
theorem
Blind Colored Scheme
Arbus

GusanosにBlind Colored SchemeにArbusと、京都のすんごいバンドが一度に見れちゃうすんごいイベントです。
おまけにこの前ライブで衝撃を受けたbilo'uに、名前は前から知っててかなり興味津々であったGENESISなんかも出ちゃいます。
変拍子を駆使しまくるバンドが大半を占めるという、極めてリズム偏差値の高いイベントになりそうだ。
ちなみにこの会場ってめっちゃ狭いらしい。どうか回し蹴りをくらいませんように。


で、今回は初めて高速バスに乗ってみようと思うんだけど、乗り心地はどんなもんじゃろうか。
まあそんなに満員にはならんだろうし、乗客がドリアンとかくさや食べ出したりしない限りは大丈夫かな。
あと京都観光にもちょこっとだけ興味はあるけど、神戸のメタT屋さんSTARGAZERには絶対行きたいからあんまり時間無いな。
最低限、地球防衛軍でゴリアス99が京都タワーに直撃して崩れ落ちるシーンを思い出しながら実物を見るのだけは忘れないようにしよう。
さて、向こうで何食うかな。名物的なものはいらない。行き当たりばったりのものを食べて当たりを引くのが楽しみ。


ふじー * Diary * 23:08 * comments(2) * -

明日行くライブ

明日は、個人的にはLOUD PARKなんかよりも遥かに豪華なライブがあります。
ニュースクールハードコア〜メタルコアなイベントですがこれはすごい。
■2009'10/11(日) 名古屋*上前津club zion■
TAKE presents…
「Answer for life vol.35 〜3rd Anniversary event/bilo'u,Sethダブルレコ発〜」

open/start-14:00/14:15
adv/day-2000/2500 (+1drink charge ¥500)

bilo'u(埼玉/レコ発)
Seth(東京/レコ発)
fate in spiral(大阪)
VAGERKE(大阪)
CROSSFAITH(大阪)
Gusanos(京都)
Before My Life Fails(東京)
Lost Commitment
fragments of clarity
JUST HAVE A LITTLE FAITH
The Structure falls ※1day reunion/2songs only!!!!!!!!!!!!

日本のこっちのシーンに少しでも興味のある人ならこのメンツの凄さがわかるでしょう。
こんなメンツ、東京でも大阪でもそう揃うことはないっすよ。
個人的にはGusanosが来るってだけでも十分嬉しいってのに、さらにfate in spiral!VAGERKE!CROSSFAITH!
こりゃ明日は体力持ちませんわ。
とりあえず腰痛に備えてアンメルツヨコヨコを持ち歩くか。


ふじー * Diary * 13:20 * comments(0) * -

大量の箇条書きメモ

あーあ、書くこと溜まったまま時間過ぎてもた。
最近疲れが抜けないというかしんどくて夜ブログ書く気が起きまへん。
でも一応メモとして箇条書きで書いとこう。


9/26
・fragments of clarityのDrでもあるイングヴェイ君(仮)の別バンドである、クサメタルバンドMISTHIEFを初めて見た。
・随所で展開やらメロディやらがクサ過ぎてニヤニヤしながら見てた。
・ああいうのは極めて素晴らしい。いいもん見た。
・YOWLってなキーボード入りなメタルコア/デスコアバンドがなかなか良し
・ギターのパフォーマンスがトリッキー
・重いパートはとことん落とすのが気持ちいい
・キーボードの不協和音がBLEEDING THROUGH的なのもまた良し
・後はステージで前転しまくってくれればまさに…
・EMBRACE SELEGYはライブだとメタル度数が2割り増し
・バンドのパフォーマンスはメタルらしさが全開で音源よりもかっこよい
・みんな、客席の前の方は空けなくていいんだよ。そういう音楽じゃないよ。
・キーボーディスト替わったからどういうソロ弾くのかな、って期待してたけど自分の立ち位置ではよく聞こえず。残念。
・でも新しいギターはなかなかテクニカルなソロもこなす巧者。そしてオーラが明らかに完全なメタラー。
・アルバム出たばっかだけど、今後今のメンバーで作る音源に期待大
・が、メタルコアなバンドでは盛り上がってた観客の反応がこの時はいまいち
・なんとアンコールの声も上がらず。みんなメロデス嫌いか。
・自分は大好きだ。主食だ。

9/27
・perfumeのライブ行った
・ゅのっちと行った
・意外にも客層は普通の人が中心
・ライブの出だしからあまりの生っぽさの無さに驚愕
・人の動きをメインにした映像ショーって感じでした
・そしてMCが長い長い
・客をいじりまくる
・みんなのうたをみんなで歌う
・そんで最後の方では毒吐きまくってた
・のっちかわいい。あーちゃんも結構かわいい。でもかしゆかはわからん。
・でもそんなことより自分の前の席の人がめちゃめちゃタイプでそっちの方が良かった
・帰りに車ゴツン
・怪しい中華料理屋で晩御飯
・280円の醤油ラーメン。まあまあ。
・回鍋飯。好きだ。

9/29
・土曜日なかなか面白かったのでMISTHIEFのライブを見に行った
・疾走曲がとても良い
・X JAPANというかビジュアル系っぽい影響は多少あれど、やっぱメタルらしいメタルは心に良い
・体にも良い
・平和にもきっと良い
・もっとパフォーマンスやMCも暑苦しいというかメタル馬鹿になるとなお良いと思う
・でもビートダウンなパートは何故にあるんでしょう?
・またライブ行くよ
・このライブにはHAMMERFALLのTシャツ着て行ったんだけど、背中に恥ずかしいぐらいメタルメタルしい格好をしたメンバー写真と「THE TEMPLARS OF HEAVY METAL」(ヘビーメタルの天ぷら達)(いや違う)の文字が。
・そのTシャツを対バンのNINEZEROのボーカル(オーストラリア人)から褒められる
・親指立てて「Your shirt is very good!」そして握手、みたいな
・で、そのNINEZEROもとても良かった
・まさにHR/HMと表記するのがベストであろう音楽
・意外にこういうバンドのライブを見る機会は少ないよね
・ボーカルさんが客を楽しませようとするのがすごく自然でこっちもすごく楽しめた
・なんか暖かいって言ったら変だけどもそんな感じ
・ちなみに松屋や吉野家でもCD発売するらしい

・今日はホームセンター?家具屋?の有線でDEAD BY APRILが流れててびっくりした。人気あるの?
・そしてやはり今日もしんどい
・そんな時はDEAD INFECTIONが心地よい
・るぉ゛ぉ゛〜〜〜〜ん!!!
・なんちゅうアルバムの冒頭だ


あ、箇条書きの方がスラスラ書ける事がわかった。





ふじー * Diary * 23:17 * comments(0) * -

いざ、恐怖体験

今日はメールの絨毯爆撃作業で大変時間を食ってしまい、爬虫類もレアなイベントの方も行けなんだ。
いろんな人に爆撃しましたが苦労の末なんとか解決しました。ご迷惑おかけしました。
みんな日曜日は忙しいんだ、ということがよくわかりました。
あ、でも勿論ライブは行きましたよ。
予想外に色々いいもの見れたけど、ライブの感想はまた後日にまとめて。


さて、明日はふとした勢いにより、女性三人組打ち込みテクニカルプログレッシブブルータルポルノゴアグラインダーを見に行くことになりました。その名もPerfumeっていうらしいです。
とある界隈ではだいぶ前から流行っているらしいけど、まだまだ自分はディープなグラインドコアにはそれほど精通してないのでよく知りませんでした。勉強不足だ。
聞いたところによると、ライブでは「ボコーダー」なるエフェクトの掛かった三人の凄まじいガテラル声の応酬で脳天が吹っ飛ぶ程の衝撃が止めどなく襲いかかるらしいです。
しかも呪術的な動きをしながらそんな轟音を轟かすもんだからある種の洗脳効果もあるそうな。怖い。
果たして無事に帰れるだろうか。
普段ならそのような危険なライブに行くことはまずあり得ない訳ですが、とんでもない格安でチケットが手に入るということで勢いで行くことにしてみました。
明日以降このBlogの方向性が思いっきり変わってしまってたら、まあ頭をやられたんだとでも思っておいてください。


だいぶ前にこの動画一回貼ったことある気がするけど、こんな感じらしいです。(0:38〜)


↓これは似てるけど名前がちょっと違います。「ばきゅ〜む」です。途中で色々吸い込んでます。



あ、明日Tシャツって売ってるのかな。




ふじー * Diary * 00:56 * comments(0) * -
このページの先頭へ
 1/125PAGES >>